最新ニュース

post-image
安倍政権 韓国ニュース

日本と韓国の二国間関係は近年最悪でした。日本はすべての合意を拒否した。

日韓議員連盟だの日韓協力委員会だのと訳の分からない組織が日本にはいくつもあるが、その面々と安倍首相との会談が今年は実施されなかったそうだ。東京で開催される場合には毎回行なわれてきただけに、韓国側が残念そうに報道している。安倍首相としてはもう韓国とは未来志向の話もできないし協力もしたくないということだろう。 韓日・日韓協力委員会、安倍首相との面会不発  韓国と日本の政・財界要人で構成される「韓日・日韓協力委員会」が26日、安倍晋三首相と予定していた面会が不発に終わった。  協力委のある関係者は「今年の協力委合同総会の出席者と安倍首相の面会は行われなかった」とし、「東京での開催時には毎回、日本の首相と面会していたが、今年は韓日関係悪化の影響で実現しなかった」と聯合ニュースに明らかにした。  2017年12月東京開催当時、安倍首相は協力委員会関係者との面談で「韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国」として未来志向の韓日関係構築に意欲を示したことがある。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000001-cnippou-kr
post-image
韓国ニュース

北朝鮮戦争のリスクは、前例のないレベルの危険にさらされています。

GSOMIA延長を決めた韓国だが、米国との信頼関係が破綻状態にあることを背景に韓国が北朝鮮に攻め込まれるリスクが増大していることを指摘した記事だ。北朝鮮は2017年以降加速度的にミサイルの技術を向上させていて、韓国全域がすでに短距離弾道ミサイルの射程範囲内に入ったことはすでに周知の通りだが、それに加えて火星12~15号で日本や米国本土までもを射程に入れたことで韓国への介入を一切させない体制が完成しつつあるという。 GSOMIA破棄延期では足りない韓国  「世界で今、最も戦争が発生しやすい地域はどこか」と質問されれば、「朝鮮半島であり、それもかなり切迫している」と私は答える。  平和に浸り切っていると、国民はそんなことが起こるはずがないと思いがちだ。  だが、隣の北の国には、武力によって赤化統一するという国是があり、そのために着々と核兵器やミサイルを開発し、侵攻のためのシナリオを完成させている。  軍事の専門家からすれば、侵攻の可能性は極めて高く、これまでかつてないほどの危険なレベルにあると判断するのは当然のことだ。  だが、韓国の文在寅政権に捻じ曲げられた情報に踊らされた国民は、現在迫っている脅威に目を背け、対日批判に邁進している。  韓国国家や国民の命運が危険に晒されるかもしれないのに、北朝鮮の脅威に目を向けようとはしない。 ■ 1.著しく高まった侵攻危機  北朝鮮(以後、北)軍は昨年まで、ソウルより南の地域に展開する在韓米軍や韓国軍には、ほとんど手を出せなかった。  北軍の長射程砲などはソウルまでが限界で、これ以遠の目標に対しては、旧式のスカッド短距離ミサイルで撃っても、命中率が悪く目標には当たらない。  ソウルを火の海にするどころか、逆に米韓軍の反撃によって北軍の長射程火砲は破壊され、南侵すれば撃退させられることになったであろう。  北は2017年まで、新型の「火星12・14・15号」ミサイルの実験を行い、ミサイルを大型化し射程を伸ばしていった。  これらのミサイルを運用すれば、半島有事において、朝鮮半島から離れた米軍を容易に介入させないという、戦略的目的はほぼ達成できた。  具体的には、米国本土へは核を搭載した火星15号を米国に向けて発射すると脅し、米国の参戦を抑止または躊躇させる。  米軍の駐留拠点となっているアラスカやハワイへは火星14号、グアムへは火星12号を向ければ、ここから発進する戦略爆撃を止められる。  沖縄や日本の在日米軍へは、スカッド、ノドン、ムスダンのミサイルを向ければ、日本列島からの参戦が困難になる可能性がある。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191126-00058355-jbpressz-kr
post-image
安倍政権 韓国ニュース

韓国外務副大臣は謝罪します。意見の相違にもかかわらず、日本と韓国の間の二国間貿易交渉が進行中です。

日本が謝罪したことにどうしてもしたい韓国だが、毎回のように日本政府側に否定されるのが逆に面白くなってきた。今度は外務次官名義での謝罪があったと韓国政府が言っているものの、日本大使館が共同通信の取材にそうした事実はないと明確に否定。これで3往復目だ。逆に面白いからもっとやってほしい。日本は相手にせず冷たく否定し続けるだろうがな。 という話をしているうちに、なぜ1年契約だから韓国が次にGSOMIAを破棄できるのは1年後だという話をどのメディアもしていないのかという疑問にぶち当たり、そこから驚愕の推論を導き出すことになってしまった。米国の原子力潜水艦が南シナ海で撃沈された疑惑とか、米海軍の長官が突然解任された話とかに繋がってくるわけだ。      外務次官謝罪と韓国聯合ニュース 合意巡り、日本大使館は否定  韓国の聯合ニュースは26日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効回避を巡る日本政府の合意内容の発表に絡み、韓国側の抗議に対し、日本がソウルの日本大使館を通じて外務次官の謝罪メッセージを伝達したと報じた。複数の政府関係者の話としている。日本大使館は共同通信の取材に対し「そうした事実はない」と否定した。  日韓は貿易管理に関する協議を始めることで合意したが、協議の性格を巡って対立。韓国側は日本の輸出規制強化措置の撤回を協議する方向で合意したのに、日本が歪曲して発表したと主張。日本から謝罪も受けたと公表したが、日本側は謝罪を否定している。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000155-kyodonews-int
post-image
トランプ政権 中国ニュース 米国ニュース

米国政府、韓国への兵器売却も白紙に戻す可能性!F-35Aステルス戦闘機。

GSOMIA問題は維持で決着がついたものの、米国の韓国に対する信用はすでに地に落ちたと言っていいだろう。大使公邸侵入事件は米国政府全体に衝撃を与えたが、文在寅政権があの事件に対して何の改善策も示していないということに米国側が憤慨しているようだ。在韓米軍の撤収に先立ち韓国に残っている家族についても避難訓練を行なうことを検討しているし、さらには韓国に売るはずだった最新鋭のステルス戦闘機の話もすべて白紙に戻すことも考え始めているという。 GSOMIA維持……それでも文在寅政権はアメリカに切り捨てられる!「もはや国家としての統制が取れていない」  今年10月18日、韓国ソウルにあるアメリカ大使公邸に、十数人の暴徒が乱入した。暴徒の正体は、「親北朝鮮・反米」を掲げる学生グループのメンバーだ。 最新鋭「F-35Aステルス戦闘機」の韓国売却は見直しか  こうした事態に、アメリカ側の危機感は大きい。  「アメリカ政府は、在韓米軍の家族さえも反米組織からの潜在的な攻撃対象となる可能性があることを認識している。すでに2017年の朝鮮半島クライシス以来、相当数の米軍家族を韓国から避難させているが、残っている家族については避難訓練を緻密に行うことを検討している」(アメリカ・インド太平洋軍関係者)  守るべきは、在韓米軍の家族だけではない。アメリカは2021年までに最新鋭のF-35Aステルス戦闘機を韓国に40機売却するとしてきたが、「同盟国の大使とその家族の生命を守る意志さえない文在寅政権が、軍事機密の塊であるアメリカの最新鋭兵器のインテリジェンスの保全ができるとは到底思えない」。  アメリカ政府はすでにF-35Aステルス戦闘機だけでなく、あらゆる分野の兵器の売却を見直す検討を始めている。      韓国軍とは命を分かち合えない。  最新兵器供与の延期もしくは停止の先には、在韓米軍の撤退あるいは大幅削減がある。だが、それは北朝鮮を利することにはならないのだろうか? この疑問について、アメリカ海兵隊関係者はこう証言する。  「在韓米軍なき後、たとえ朝鮮半島有事が勃発したとしても、日本に海兵隊を展開しておけば、十分に対抗できる」  つまりアメリカ政府は、在韓米軍を撤退させることによるリスクよりも、韓国に米軍を駐留させたままにしておくことのリスクのほうが大きいと判断しているのである。  「乱入事件の後、何の改善策も示さない文在寅政権は、もはや国家としての統制が取れていない、との認識にアメリカ側は至った。警察も統制できないのに、軍を統制できるはずもない。つまり、乱入事件によって、韓国軍と命を分かち合うことに拒絶感が発生している」(前出、アメリカ・インド太平洋軍関係者) https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191125-00015742-bunshun-int
post-image
安倍政権 韓国ニュース

韓国「WTO提訴中止は約束していない」 なんだこの国.。韓国は日本の発表に満足していない。

早くも韓国側が訳の分からないことを言い始めている。韓国大統領府の不安保室長がGSOMIA問題に関する日本の発表は歪曲されていると喚きつつ、WTO提訴の手続き中断は約束されたものではないとちゃぶ台をひっくり返すような主張をしているようだ。日本側が今回のやり取りは韓国の完全敗北だとしたことも気に入らないらしいが、そんなに負けるのが嫌ならなぜGSOMIAの延長を決めたんだ? 「日本が内容を歪曲し発表」GSOMIA合意で韓国が抗議  韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は24日、日韓のGSOMIAの失効回避をめぐる合意内容について、日本の経済産業省が「非常に意図的に歪曲(わいきょく)したり、膨らませたりして発表した」として「深い遺憾の意」を表明した。日本側に外交ルートを通じて抗議し、日本側から謝罪があったと記者団に説明した。  鄭氏は、経産省の発表は了解内容と大きく異なり、「こんな内容なら合意に達していなかった」と批判。韓国が事前に世界貿易機関(WTO)提訴手続き中断を約束したわけでなく、協定終了を通告後に日本がようやく協議しようと提案してきたと主張した。  合意した時刻前に日本で先に報じられたことや、日本側の「パーフェクトゲームだ」という高官の発言報道にも不満を示し、「こうした行動が繰り返されれば、韓日間の交渉の進展に支障を来す」と強調した。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000556-san-kr
post-image
トランプ政権 中国ニュース 米国ニュース

米連邦通信委員会がファーウェイ使用禁止を決定!? アメリカ市場から排除?中国はどうするの?

ファーウェイへの禁輸措置が延期されたんですけど、それとは別の決定で使用禁止になってしまったみたいです・・・。アメリカの連邦通信委員会で、アメリカ国内の通信会社が、使用禁止を決めたとか。貿易交渉にも影響が出る気がするんですけど、中国はどうするんでしょうか? ファーウェイ機器の使用禁止、米連邦通信委が決定  米連邦通信委員会(FCC)は22日、中国通信機器大手「華為技術」(ファーウェイ)、「中興通訊」(ZTE)の機器について、米国内の通信会社による使用の禁止を決めた。FCCの補助金を受け取る通信会社が対象で、次世代通信規格「5G」の普及を前に、両社を米市場から排除する狙いがある。  全会一致で規制案を承認した。アジット・パイ委員長は声明で、「安全保障上の脅威に基づく決定だ。両社は中国政府と密接な関係がある。個人情報を盗んだり、米企業をスパイしたりする可能性がある」と指摘した。  規制では、両社の製品を新たに購入することを禁じる。既に両社製品を使っている企業に対しては撤去や交換を求める。  米国は既に、政府機関による両社製品の利用を禁止している。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00050172-yom-bus_all
post-image
安倍政権 韓国ニュース

韓国文在寅、完全敗北! GSOMIA終了通知の効力を停止! WTO提訴も全面ストップ!

いやはや…この2~3日の間に何かあったのか?文在寅が対日強硬姿勢を一気に萎えさせて白旗を上げる事態となってしまった。GSOMIA終了の延期という話にはどうやら間違いはないようだ。条件付きがどうのと言ってるが、1年更新の契約だから今日破棄せず撤回すれば次に破棄できる機会は1年後まで訪れない。それに加えて日本の輸出管理強化は不当だとしてWTOに提訴したことについても手続きを停止することにしたようだ。文在寅の完全敗北と言えよう。韓国の負けだ。 韓国政府、「条件付き」GSOMIA終了通知の効力停止を決定…WTO提訴も停止  韓国政府が条件付きでGSOMIAを延期する方針を決定した。  青瓦台(チョンワデ、大統領府)は22日午後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委員が参加する会議を開き、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了に関する韓国政府の最終的な立場を議論した。  金有根(キム・ユグン)NSC事務局長は「韓日両国政府は最近、両国間の懸案を解決するために、それぞれ自国が取る措置を同時に発表することにした」とし「韓国政府はいつでも日韓軍事情報包括保護協定の効力を終了できるという前提で2019年8月23日に終了通知の効力を停止させることにし、日本政府はこれに対する理解を示した」と発表した。  続けて「韓日間の輸出管理政策対話が正常に行われている間、日本側の3品目の輸出規制に関する世界貿易機関(WTO)提訴の手続きを停止することした」と述べた。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00000037-cnippou-kr