中国ニュース 韓国ニュース

韓国-韓国金剛山紛争アメリカ、中国名前で呼ばれる

この10月末にかけて韓国周辺で起きていることが実に興味深い。特に北朝鮮が金剛山撤去を韓国に命令したという話の背景だ。なんと北朝鮮は中国から200万人の観光客を誘致する計画だという。それに応じて中国資本を呼び込み開発を進めるということらしい。最悪の場合北朝鮮自身がすべての施設の撤去に乗り出すこともあるそうだ。これに先立ちロシアが韓国を包囲するように爆撃機を飛ばしたのも興味深い。次の韓国の“義理の親”はロシアになるのかもしれない。

北朝鮮、中国の後ろ盾信じて「金剛山圧迫」…ジレンマに陥った韓国

 北朝鮮の金剛山(クムガンサン)内南側施設撤去の通知は金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長の指示が下されてから2日後の25日に電撃的に行われた。

 韓国政府は北朝鮮の突然の今回の措置に対する意図把握とともに対策に苦心している。ややもすると今回の事案が金剛山観光だけでなく南北離散家族対面など全般的な南北関係のほか対北朝鮮制裁にも影響を及ぼしかねないためだ。

 北朝鮮が通知文で金剛山地区に国際観光文化地区を新しく建設すると記述した部分をめぐっては、独自の金剛山観光開発に乗り出したという観測が支配的だ。南北が協力して作った金剛山観光地区を北朝鮮主導の国際観光文化地区として作るという意図ということだ。韓国を排除するという話にもなる。

 北韓大学院大学のヤン・ムジン教授は観光は国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁に含まれないだけに、南北断絶により10年間放置された金剛山を新たに北朝鮮式観光地として開発しようとしているものとみられる。特に中国を引き込もうとする計算が背景にある」と分析した。「国際観光文化地区建設」という言葉でわかるように中国の資本投資を念頭に置いたとみられる。

 峨山(アサン)政策研究院のシン・ボムチョル安保統一センター長も全方位対北朝鮮制裁の中で金剛山観光事業を通じ外貨稼ぎをするという独自路線宣言と解釈した。シン氏は6月に習近平中国国家主席が北朝鮮を訪問した際、北朝鮮に中国人観光客200万人誘致を約束したという外信報道があったが、口先だけではないかもしれないと話す。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00000003-cnippou-kr

3 Comments
  1. newsjp24hadmin 7 tháng ago
    Reply

    “バクダット”で調べるとNHKとかNGOでも間違えるくらい紛らわしい首都名だと分かるね。実に11万件もの間違った検索結果が出てくる。東北弁読みに慣れている人なら問題なく発音できるだろう。

  2. newsjp24hadmin 7 tháng ago
    Reply

    東北弁は濁点が多いんだよ。“バグダディ、やっづげだべ”という風にすれば間違えることがないってわけ。

  3. newsjp24hadmin 7 tháng ago
    Reply

    同盟国を見捨てたと国際社会に指弾されることを恐れてるんだよ。そこでまずクルド勢力を見捨ててシリアから米軍を撤収させることにした。同盟国ではないが一時期同盟関係かのように振る舞っていた相手を見捨てることでどれくらいの非難があるかをテストしたんだろう。結果制裁を織り交ぜれば何とかなることが分かった。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

You may also like